音の不思議な世界

【音の不思議な世界】想いは音にのって届きます。

パン長ですこんにちは。
神戸三宮で推拿・占い・ヒーリングなどを用いて、あなたの苦しみを取り除くお手伝いをしています。

さて、あんまりここのホームページには書いてこなかったんですけれど
パン長は音楽家でもあります。

これはフレームドラムで音の瞑想しよかなと思ってリズムを叩いた映像に
あとで鍵盤で音を足したものです。
叩いてるときはあとで音を足すことは考えてませんでしたけど
なんとなく乗せたくなってオーバーダビングしたというわけです。


ここからが本題ですけど、


演奏にはプレイヤーのエネルギーや思念が乗るので
この映像を見ると
音とともに僕のエネルギーも届けられているわけなんです

「は??」って感じの方も多いとは思いますが
音のしくみってとっても不思議で、
音には思念やエネルギーが乗るんです。

色んな実験でブラインドチェックもされたりしてて
わりと音の研究の中では有名だと思います。


同じ場所で収録した波の音を二つ用意します。
一つは波の音だけ。
もうひとつは
同条件のその場所で100人の僧侶が祈りを捧げながらの収録。

それを説明せずに二重盲検査みたいな感じで調べてみると
祈りありの波音の時に

はっきりと脳波に変化があったそうです。

もちろん、いのりは無音です。
マントラ唱えたりしてません。

つまり、音には思念や想念などのエネルギーが乗って伝わるし
それは録音したものでも同じように反応する。
というわけです!

ふしぎだけどおもしろいですよね。
僕は、こういう話だいすき♪

世界は音で出来ている

インドの古代ヴェーダには「ナーダ・ブラフマン」
っていう言葉があります。

世界は音で出来ている

という言葉なんです。

ところで、僕たちの科学的な認識では
世界って何からできていますか?

物質かな?
原子とかかな?
なんか素粒子とか聞いたことあるな。

いろいろ思い浮かんだんじゃないかと思います。
モノを顕微鏡とかでミクロの世界までどんどんズームしていくと

分子があって
原子があって
原子核があって
その周りに中性子があって

みたいになっていって、
そして、


最終的に一番小さいところまでたどり着くと
そこにあったのは
ものでは無くて振動でした。

現代の量子力学では
すべてのものは「振動」である
という見方をするそうです。

古代インドでは
すべてのものは「音」である
という見方をしていました。

ふしぎですね~
時代が違っても世界は振動であり音であり波である、って言ってるんですよね。

ほら、ソウルシンガーとかヒップホップ系のアーティストの人たちがライブとかで「バイブス」とかって言葉使うじゃないですか。
(いまはギャルやパリピの言葉なのかもしれんですけど)

でも、僕らミュージシャン界隈では
いい音楽に接すると
「バイブス届いたわ~。めっちゃ良かった」
みたいな感じで言ったりします。

これって
「音に乗せてきみの心や想いが伝わってきたよ」
っていう意味で言ってますよね。

これも、さっきの僧侶の祈りの波音とおなじで
ミュージシャンの想念がエネルギーとして音に加算されているので
それが観衆に届いたって事だと思います。


パンダに来られたことがある方はご存知だと思いますが
院内でかけてるBGMも全部ぼくがてがけたヒーリング音楽にしています。

市販のヒーリング系の音楽をかけていたこともありましたが
僕の施術のパフォーマンスを上げるためには
ぼくの波動にあった音のほうが効果的なんで

「じゃあ、探すより作った方が早いよね」

と、作ることにしたわけです。

これも、バイブスを空間に満たすことによって
施術のパフォーマンスを上げたいし
部屋にいるだけで、そこがパワースポットになるように
波動を調整するためのBGMなんだよ、っていう
それが言いたかったんです(笑)

説明がくどい(笑)

BGM製作はふつうに曲を作る感じじゃなくて
楽器も機材もスタジオも全部ヒーリングしてから録音してます。
無音で祈りの音だけを入れたりもしてます。


なんか、そんな感じで作ったBGMなんで
ほんとに気持ちいいんですよね~


いちどパンダに来て体感してほしい。



けっこう売ってほしいっていうお声をいただいたりしてるので
ひっそりとCDつくって販売していこかなとか思ったりもしてます♪

まずは院内だけで手売りしていきますよー
お楽しみにね。

予約バナー_03

◎パンダ整体院の理念◎ パンダ整体院は
中国伝統医学の推拿(すいな)や
シータヒーリング、占いなどのメンタルケアを中心とした施術を通じて
術者とお客様が信頼関係を築き
定期健診のように来院できる整体院を目指します。

  ブログの更新はSNSなどでチェックしていただくと読み逃しありません。
フォローお気軽にどうぞ。

 
フェイスブック(申請お気軽にどうぞ)
http://www.facebook.com/pandaseitai2/
ツイッター(フォローお気軽にどうぞ)
http://twitter.com/pandaseitai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください