パン長のプロフィール

柏原修(かしはらおさむ)
通称パンダ院長。(みんな略してパン長って呼んでくれてます)
昭和52年生まれで2児の父親です。

  • パンダ整体院 院長
  • 北京中医薬大学提携校・東洋醫学療術専門学院 元師範講師
  • 中医整体師
  • 推拿整体師
  • レイキ レベル4(ティーチャーディグリー)認定
  • シータヒーリング基礎DNAプラクティショナー
  • 占い師(ルーン石、タロット、オラクルカード、マヤ暦など)

【誕生日】12月21日。同じ誕生日の人は

フランク・ザッパ(天才的音楽家)
本木雅弘(超絶男前)
幾原邦彦(セーラームーンの監督)

【性格】オタクです。知的好奇心のかたまり。
【好きな食べ物】茄子のてんぷら・納豆
【好きな味噌汁の具】玉子とわかめ

DSC_3665 (2)

インドの薬草「ヘナ」を使ったボディペイント「メヘンディ」が好きで

良く手や足にペイントしてます。
たまに入れ墨と勘違いされます(笑)

タトゥーはかっこいいけど飽きた時に消すの大変でしょ笑
なのでインスタントなヘナタトゥーで遊んできます。
おまじないみたいで楽しいし。

DSC_3628

 


なんでこの仕事やってるの?

19歳の頃友達とキャンプに行ったんですけどその時にゲームに負けて肩もみをさせられたんです(笑)

すると意外にも友達の反応がよくて「センスあるんちゃう?プロになったら?」みたいな感じで軽く言われたのがきっかけでこの世界に入りました。
実はその頃まではこういう仕事があることすら知らなかったんです(笑)

なんとなくこの業界に入ってみたら予想以上に自分に合ってて
(ただ、めちゃくちゃスパルタ体育会系のサロンだったので毎日しごかれまくって泣いてましたが)
お客さんが喜んでる姿を見るとこっちも嬉しくなるし、もっとがんばろうって思えました。

あと、単純にこの世界って追求していくとものすごく奥が深くて
興味が尽きないっていうのもあります。
臨床と知識は興味を持てば持つほど身につくなぁと実感しています。

井の中の蛙でした

最初はクイックマッサージサロンで働いてました。
それなりに努力してお店では指名トップで部署のリーダー。
自分には才能がある!って思って天狗になってました。
コレなら何処に行っても通用するんじゃないかしら?と思ってましたからほんと若いって怖い(笑)

で、力試しがしたくなって整形外科とか整体院とかで働いたんです。

ところが

医療の世界はそんなに甘くありませんでした。
僕には絶対に施術許可が下りない患者さんがいました。
院長からのOKが降りないんです。
ようするに
「キミのレベルで診れる患者さんじゃないんだYO!」って事でした。
あたりまえですけどね。

リラクゼーション的な慰安のテクニックはそれなりに良い線言ってたんだと思いますけど、そもそも治療レベルにはぜーんぜん届いてなかったんです。

で、一念発起して整体の学校に入学。

漢方や経絡、ツボなどにはもともと興味がありましたし
気の概念とかそういうの好きなので中医学の整体「推拿(すいな)」を選んだんです。

で、3年間楽しみつつ真剣に学び、その後、臨床経験を積んで今に至ると言う感じです。

ちょっとだけ真面目な話します

体にかかわる仕事を長い間しているとだんだんと分かってくる事なんですが
「こころ」って切り離せないんですよ、からだと。
からだもこころも同じなんですよね。
どっちもあなたです。

見える部分か見えない部分かの違いはありますけど。

で、極論かもしれないですけど

「からだ」に触れるってことは「こころ」にも触れているのと同じことだと思うんです。

からだをみるだけではどうにもならなかった症状が
心に目を向けると改善していったというケースをよく目にします。
人間は肉体だけで成立する存在では無いと思うので
目に見えないところのケアも大切なんだなと、日々実感してます。

そんなわけでヒーリングや占いなども取り入れてトータルでのスピリチュアルケアができたら
心、体、エネルギー全てが整うんじゃないかと。

そして、
施術する側の気持ちとか感情とか人間性とかも
重要なんじゃないかって思うんです。

機械的にマッサージすることもできますよ、もちろん。
でも、そんなことしたって何にもやりがいは感じられないですよね。

来て頂いたお客さまとは心のレベルで触れあいたいし
パンダ整体院に来るのが楽しい!って思ってもらえるような
そんな空間にしたいんですよね。

先生と患者さんという図式で括るんではなくて
施術はさせてもらっていますが
一人の人間として対等にお付き合いさせていただきたいと思っています。