白黒はっきりしていないとダメ…という苦しみから解き放たれました。

パン長です。こんにちは。
神戸三宮で推拿やヒーリング、占い、倍音浴などで癒しと解放のお手伝いをしています。心も体も対応できるサロンのような整体院です。

今日は心のケアのコースを受けていただいたクライアント様から感想を頂戴しましたのでシェアします♪

ご自身の中での葛藤や苦しみがおありの方でした。
白黒にわけて考える癖がついてしまいそこに苦しめられていたそうです。

【こころのケアについて】

1)心のケアコースを受けてみるキッカケなどございましたか?

聖なるものと俗なるものの
区別があってしまっている。
そういうことに対しての苦しみがあったからです。

2)受けるに当たって不安などございましたか?

例えば、善悪、美醜、聖俗
分断していないと、
ものごとへの解釈ができなくなって


より、もっと曖昧な自分に苦しんで、
考え整えることを諦めてしまい
なんでも全て良くなるかもしれないと、


とりとめのなさへの怖さから
あまり、知りたくないなぁとも思いました。

3)カードやルーンなど占いを受けてみてどんな感じですか?

今までの積み重ねで頭でものを考えているなということを
最近、意識しているし、
本能のおもむくところに向かおうすることを
次のステップとしてやっていきたい気持ちもあるので、
その狭間なのかなぁと思いました。

4)アロマオイルによる心や感情、エネルギーなどの変化はどんな感じですか?

アロマを嗅ぎながら、 質問に対して
頭の中に、的確に引き出される記憶などがあった。

5)ヒーリングを受けてみて如何でしたか?変化など感じましたか?

自分の大事に思っていた思い出よりも、
もっと、本質的で、

葬られ忘れ去られていた記憶が蘇ってきたので、
実はこれが重要な部分だったのかと気付きました。

思い出はある種、その蘇った記憶の互換として
都合の良いように機能していたんだなとわかった。

6)どのような方にこのコースをおすすめしたいですか?

もやもやとした答えの出ない問いに
ぐるぐる悩んでいる人

7)感想をブログで使わせていただいてもよいですか?

大丈夫です

感想ありがとうございます!!
うれしいです!

心のコースって
受けに来られるまで、ちょっと不安だったり
怖さがあったりするんですよね。


もちろんそうじゃない方もおられますが
自分を変えるとき、ステージが変わる時、
思考がそれを妨げることがあります。

ん?どういうこと?
分を変えようって思ってる時に
それを邪魔する思考が出てくるって
なんか矛盾してない??

underwater photo of a woman
Photo by Engin Akyurt on Pexels.com

これはですね、
人間の精神構造の不思議な部分なんですが

まず

❶過去に何かしらのトラウマ体験があったり
あるいは思い出せない出来事や記憶があると
それは全部、潜在意識にストックされています。

❷「もうあんな怖い思いしたくない」という
防衛反応が起こり、そのシーンにリンクされている
感情や感覚を「SOSアラーム」として
いつでも呼び出せるように
心がスタンバイしている状態になってます。

❸傷つかないように安全装置が働いているみたいな感じですので
危険が近づくとSOSアラームが鳴ります。
つまり
心がざわざわしたり、嫌な感覚や感情が浮上します。

❹そしてそのアラームにより危機回避をしてきた結果
安全エリアで生きることはできるようになりましたが
本当の自分の声に従いにくくなってしまっていたケースもあったかもしれません。

自分を変える時って
コンフォートゾーンを抜けて行こうとするので
SOSアラームはガンガン鳴りまくります。


なんなら
そのゾーンの境界線の方向を向いただけで鳴ったり
境界線の向こう側へ視線を動かしただけで
嫌な気分になったりします。

だから

自分一人では境界線の向こうへいくのは
とても困難だったりします。


意志を強く持ったり、
論理でアクションを律する状態に自分を整えられているケースだと話は別ですが
これには修行や修練や何かしらの「環境」を自らが与えない限り
一般の方には難しいだろうと思います。
(もちろん僕もむずかしいです。自分に甘いのでw)

sad female with tissue crying near wall
Photo by Liza Summer on Pexels.com


普通はみんな変化を恐れます。
慣れ親しんだ状態でいようとします。

変わろうとする力と
変わりたくない力

今回のクライアントさんのセッションでは
タロットを使って現状どんな感じか?ってのをまず視覚化して確認しました。


そして
精神に働きかけるブレンドの精油を使いつつ
カウンセリングしたりヒーリングをしていきながら
クライアントさんご本人も忘れていた
幼少期の記憶が出てきました。


ご本人の言葉を借りて言うなら
もうとっくに葬っていた記憶
だそうです。

この記憶よりも数年後の体験のほうがご本人的には覚えていて
これが原因だろうなと考えていたようなのですが
本体はもっと深いところに眠っていた。
という感じでした。

green leafed plant selective focus photography
Photo by Pixabay on Pexels.com

なかなかに濃密なセッションでしたが
とてもいい感じでその記憶を浄化というか成仏というか
できたと思います。

こんな感じで
心のセッションではご本人が思っても見ないことが
ターゲットとして現れることがしょっちゅうあります。
これが重要なんだと思います。

自分一人で見つけられるものには限界があるので
モヤモヤざわざわが大きくなってきたり
何度も同じこと考えすぎて頭ぐるぐるな時は
どうぞ、気負いなくお申し込みください。

遠方の方はオンラインでも心のコースをしています。