自分をさらけ出すのが怖いと思ってたけど、全然そんな事なくてスルスル出てきました。

パン長です。こんにちは。
神戸三宮で推拿やヒーリング、占い、倍音浴などで癒しと解放のお手伝いをしています。
心も体も対応できるサロンのような整体院です。

今日は心のコースをご利用いただきましたお客様からの感想をご紹介しまーす。

このコースは
タロットやルーン、アロマの精油やセラピーの手法、ヒーリングなどをその時々に応じて組み合わせるパンダ整体院のオリジナルセッションです。

パン長おはようございます☀
土曜日はありがとうございました😊


セッション受けるまでは ちょっと怖いというか
自分をさらけだすことができるのか 不安だったのですが
全然怖くなくて スルスルと言葉が出てきて
そこから感情が引っ張り出されました。


そういえば 私は泣きたい場面でも涙を止めてしまうことがあって
なんでかな?と思っていたのですが
「ああ こういうことだったのか」と腑に落ちました😃

「パン長はズバリここ❗️ってポイントを突いてくるから〜」
なんて言ってましたが
今の私には それが必要だったと思います👍
ありがとうございました✨

感想ありがとうございます〜!!

selective focus photography of pink peony flowers
Photo by Valeria Boltneva on Pexels.com

一般的に心理セッションは
「すべてを受け入れるパターンの母性的なセッション」
「自立のサポートをする父性的なセッション」に分けられるかと思います。

いわゆる毒親にそだてられ愛着の形成がうまくいかなかった方や
トラウマや心の傷から立ち直るエネルギーが不足している方には
母性的なセッションなどで
自分を受け入れてもらう、全部受容してもらえているという感覚を
知っていただく事も大切だろうと思っています。

ただ、それは行き過ぎると依存につながりますので
ご自身の人生を自力で歩いていくという力を養うことにはなりません。

だからこそ父性的なセッションが必要になってくるわけです。

wood light vacation picnic
Photo by Pixabay on Pexels.com

自分を否定されず受け入れてもらえることで「1000%の安心感」がインストールされます。
そして次はそれをベースに前に進んでいくフェイズがやってきます。

人生を自分のものとして生きていく
主体的に人生を生きる

そのためにはご自身の清濁すべてをご自身で受け入れてもらう必要があるし
それができると生きる力がみなぎってくるはずなんですよね。

つまり
母性によって自分を許し他者を受け入れる女性性が育ち
父性によって自分の足で前進する男性性を育むことになる
と言うわけです。

ちょっとわかりにくい事をいいましたが
母性、父性の両方を浴びる事で
男性性も女性性もうまく使えるようになるよね
、っていう話です。

そのためには甘えさせてもらえるだけのセラピーをある程度受けたら
その次の段階に進む必要がありますよ、と言う事を知っていただけたらいいなぁって思ってます。

あ、誤解なきように書いておきますと
母性的なセラピーも大切だし必要だと思ってます。
エネルギーをチャージしたい時は母性的なケアの方が適してます。
お父さんからは母乳は出ませんよね。生物学的に。(いや、ほんとは出るんだけど飲ませてあげられるほどには出ないと言う話で…ってなんの注釈やw)

まぁ、そう言う事です。
パンダ整体院では母性的な癒しはボディケアやヒーリング
父性的なサポートは心のコースっていう感じかな。
まぁはっきりとした線引きはありませんけどね。

心のケアのコースはこういう感じです