ベッドと自分の境目がわからなくなるような心地よさにビックリ

パン長ですこんにちは。
神戸三宮で推拿・占い・ヒーリングなどを用いて、あなたの苦しみを取り除くお手伝いをしています。

今日はサウンドヒーリングとボディレゾナンスのコースをセットで受けていただいたお客様からの感想をご紹介します。

境界線が消える体験をされたそうです!

先生、今日も施術

ありがとうございました

感想を一言で言うと
びっくりしました

こんなに体感を感じるなんて思っていなくて
最初の10分で開いた気がします
癒しというより、衝撃的でした

いつもBGMで耳にしている音なのに全然ちがいますね

最初の音は胸の辺りに入ってきたのですが

ざわっというか、ざらっというか

その後、色んな音が入ってくる場所を感じながら目を瞑っていたら

ざわざわが収まっていきました

境界線がなくなるというのかな
ベッドと自分の境目がわからなくなるような、心地よかったです

ボディレゾナンスでは
わたしの黒いと思っているところ
嫌なところだと思っていることが出てきたんですが

出たら全部受け入れようと思っていたので、出てきてよかったなって思っています

思考は思うより出てこなくて
ずっと体の感覚を感じる時間でした
また受けたいと思います

追記

わたしのいつもの感覚的な感想

最初のざわざわ、ざらって感じが
濡れたままの髪の毛のようだなって思いました
濡れた状態だとキューティクルが開いているので傷つきやすいんです
放っておかないで方向を間違えないで乾かすことが大切

最初の音でざわっ、ザラってなって
その後ちゃんと自分のなかに収まっていった感じが水のようだなって思いました

はい、またよくわからない感想ですが
今日は水を感じるヒーリングでした

water drop
Photo by Pixabay on Pexels.com

感想ありがとうございます~
嬉しい♪

サウンドヒーリングを受けた方に良く起こっている現象なんですが
肉体の境界線が消えて自分と空間が溶けていって曖昧な感覚になる。
って言うのがあります。

マトリクスリザレクションのコースでも頻繁に起こる現象でして
いまだに不思議なんですけれども
ある種の神秘体験みたいなものなのかなぁって思ってます。

(こういう言い方するとちょっと胡散臭いし、また、そればっかり求められると本末転倒ではありますが)

僕は、境界線が無くなる体験は身体感覚としての世界観の拡張みたいな感じかな?って思ってます。


自分という「認識」は肉体があるからこそ強く意識できるものなので
その肉体の境界線がなくなるって事は
自分というエゴを一度溶かしていくという事なんじゃないかなぁ?って考えています。

woman standing in front of sun
Photo by Life Of Pix on Pexels.com

こういう体験を重ねていけばいくほど
「自分が自分が!」っていう我心がどんどん少なくなると思うんですよね。
他者と比べての自分だったり、
自分に対して注目して欲しかったり優遇して欲しかったり、
こういうのはすべてエゴです。

エゴが消えると他者との比較に意味がなくなるので
私だけツライ、とか、私は優しくされていない
みたいなものが消えていくと思うんです。

サウンドヒーリングでは特にそういうエゴの膜が溶けやすいので
世界や宇宙と自分との境目が無くなり、
わたし=宇宙
って感じられるようになります。

selective focus of woman lying on bed
Photo by Thirdman on Pexels.com

いちど身体感覚でこれを体験すると
頭では意識していなくとも、
もはや感覚の一部としてインストールされてしまっています。

また、ボディレゾナンスでは隠していた自分、封印していた感情など
いろんなものが排出されることもあります。
自我(エゴ)が強い方は出てきにくいですが
サウンドヒーリングの後だとエゴが溶けてるので
ナチュラルに出てきます。

出てきたものにしがみついたり反発するのもエゴですが
これも、サウンドヒーリングの後だとエゴが薄くなってるので
良い感じに排出完了することが多いです。

blond woman in dress standing in green meadow with arms raised in ecstasy
Photo by Евгений Горман on Pexels.com

僕のセッションでは
クライアントさんが忘我の状態
に至るケースがちょいちょいあります。

忘我って言うのは我を無くす(忘れる)と書きます。
英語ではエクスタシー。
語源はギリシア語のエクスタシスです。
意味は魂が現象界の外に行っている状態。

宗教儀礼などで忘我の状態に至ることもありますよね。
ヨガや瞑想でもなります。
楽器の演奏やスポーツ、武術でも起こります。
人によっては性体験の中で忘我に至ることもあります。

エゴが消えると
自分と他者(世界)が同化して同価になります。←オヤジ的ダジャレwww

そうなると
もう、他者といがみ合ったり争う気持ちが芽生える事も減りますよね。
エゴによってコントロールや支配する気持ちが減っていくし
あるがままを受け入れる事ができるようになります。

気がついたら安心感の中にいる事が多くなります。
そして
自分の周りにも安心が拡がっていきます。

close up photography of sleeping tabby cat
Photo by Ihsan Adityawarman on Pexels.com

神秘体験というのは下手するとそれ自体をゴールとして求められがちです。

でも、それは意味がない事ですよね。
そんなのは単なる薬物中毒と同じですし
執着や貪欲でしかありません。

一度でも神秘体験をしてしまうと
みんなそれが最上のもの、最高の到達点だと勘違いします。

でも、そうじゃないですからね。
神秘体験は単なる通過点だし
別に特別にありがたがる必要ないと思います。

神秘的な体験を通して
エゴを持つことの無駄や不便さを知り
肉体から解放された状態(ギリシア哲学風に言うと魂が現象界の外に出る)を味わうと
現実世界のありがたさにも目が向くようになります。

中毒や依存になることはよくありませんが
定期的に体験をしていく事は意味があるかなと思います。

一回意識を肉体から抜いて
定点観測の様に自分を観察したり世界を味わったりするのは
魂のメンテナンスみたいな感じになるのかなぁ?
みたいな。

また、一人で瞑想をしたり運動などで変性意識を体験している方も
別の誰かを媒介に体験していく事もたまにはいいのかな?
なんて思ったりもします。

と、最後はセールスみたいになってしまいましたがwww

まぁ、なんせ神秘体験はゴールじゃなくて
それを何度も通っていく言事で真の安寧に到達するのではないかなと
そんな風に思ってます。