【プチ中医学】杏仁豆腐の効能って?

杏仁豆腐
美味しいですよねー

アレの主原料は杏の種の仁です。
梅の種の天神さまあるじゃないですか。
あれの杏版。

漢方生薬の杏仁は苦杏仁
スイーツに使うのは甜杏仁

と微妙に違いますが甘い甜杏仁でも薬効はあるんですぜ!

カラダの虚弱を補い
肺を潤して
寒気の邪気を散らして風邪の予防
下痢止めにもなるし
便秘がちの人なら腸を潤してサポート

呼吸困難や喘息、喉がゼーゼー言う
気管支炎に良いし
皮膚がポロポロと崩れる人や
胃腸病にもいいんです。

甜杏仁偏重滋養,
有補虛、潤肺、散寒驅風、止瀉潤燥等功能,
能醫治哮喘、支氣管炎、皮膚脫落、腸胃病葯。


《本草綱目》
中指出:
杏仁甘、苦、溫、冷利,
有小毒,
主治咳逆上氣喘促,
潤心肺,
除肺熱。

スイーツなのに侮れない!
いいね!

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: 中医学のこと タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.