体がだるくて重くてもうだめです。。。それって湿邪のせいかも

こんにちはーパン長です。
神戸三宮で推拿・占い・ヒーリングなどを用いて、あなたの苦しみを取り除くお手伝いをしています。

梅雨で雨が降ったり
湿度があがったりで
体がしんどいですよね。

中医学ではこういう蒸し蒸しする時に
体に悪さをする邪気のことを
湿邪(しつじゃ)
という風に呼んでいます。


 
 
湿邪は重くて濁っているという特徴があるんですけど
からだに入ってきたらどんな風になるかというと

・気力がわかない
・なんにもしたくない
・なんかだるい。。。
・眠い
・むくみがヤバい
・おりものが多い
・おなかの調子が悪くなる
・食欲が落ちる
・肌荒れ、湿疹

みたいな感じになります。

この時期だけそんな感じになる人もいれば
「いや、わたし一年中こんな感じなんすけど。。。」
っていう人もいるとは思いますが
どっちにしてもこれらは湿邪(しつじゃ)のせいです。

 

 
湿邪をからだから追い払う必要があるんですけど
方法はいくつかあります。
おおきく4種類の対策があるんですけど
そのうちの一つ「汗をかく」ってのがおすすめです。
 
 
 
例えばサウナとか岩盤浴で汗をかくとか
運動して汗をかくとか
熱いスープとか食べて汗をかくとか

っていう
汗をかくのをいっぱいするのが良いです。
僕のおすすめはチゲかな~

キムチのヤンニョムを凍らせてたんですけど、それ使ってチゲ作りますた♪

柏原修 a.k.a Punk choさん(@pandaseitai)がシェアした投稿 –

中国でも韓国でも
夏場でも熱いスープをいただきます。
チゲとかスンドゥブとかの辛くて熱いスープ良いと思います。
それかサンラータンとかでもいいですね。


 
 
他の対策法としては
気を巡らせて水分代謝をアップして
デトックスをフルパワーで発揮して
毒邪を外に追い払う方法があります。

 

これらは自分一人で出来るセルフケアとしては 
太極拳とかヨガなどがおすすめです。
 
 
ただ、人に体を触ってもらって
気を巡らせて毒邪を外に出してもらう方が効果的ではあります。

普通の推拿でからだを施術するだけでもいいし
経絡オイル推拿だともっと良いです。

 

  
 

気がちゃんとめぐっていなかったら
体の中に水が溜まっていきます。
そして、
その水はそのまま澱み濁って
毒になっていきます。

和漢では湿邪が内停している状態を水毒と呼んだりしますが
こういうの流すのは推拿の得意技ですので
迷っている方はキャンペーンやっている今のうちに受けに来ませんか?

予約バナー_03

◎パンダ整体院の理念◎

パンダ整体院は
中国伝統医学の推拿(すいな)や
シータヒーリング、占いなどのメンタルケアを中心とした施術を通じて
術者とお客様が信頼関係を築き
定期健診のように来院できる整体院を目指します。

 

ブログの更新はSNSなどでチェックしていただくと読み逃しありません。
フォローお気軽にどうぞ。
 

フェイスブック(申請お気軽にどうぞ)
http://www.facebook.com/pandaseitai2/

ツイッター(フォローお気軽にどうぞ)
http://twitter.com/pandaseitai

 

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: むくみ, アトピー・湿疹, 中医学のこと, 喘息 タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.