【タイプ別】ぽちゃ女子の痩せる食べ方。中医学だからわかること。 その2

こんにちはー
パン長です。

ポチャってても別に罪じゃないけどね
でも、痩せたい気持ちもわかります。
僕も昔のズボン履こうとしてきつかった時のショックありますもん(笑)

さて、前回は太り方にも5つのタイプがあるんですよ~というお話でした
覚えてますか?

1|胃腸虚弱・水太り 脾虚湿阻タイプ

2|冷え&むくみ 脾腎陽虚タイプ

3|食欲旺盛な脂肪太り 胃熱湿阻タイプ

4|イライラ怒りっぽい 気滞血瘀タイプ

5|更年期・虚弱 肝腎陰虚タイプ

では、今日は2番目のタイプのご紹介。

夏でも冷えるんですわたし

氷の女王
この人冷えてそうよね。。。ってスンマセン。
映画見てません(笑)
流行ってるもん使っとけ~と思いまして(笑)

冷え症の方は太りやすいんですよね。
現代的な見方で考えても脂肪を燃焼させるためには
冷えは大敵です。

このタイプのポチャの特徴は

顏にむくみがある
精神的にへこみやすい
なんなら何もしたくないし
寝転ぶの大好き(起き上がるのがだるい)

短気な一面がある
めまいしやすかったりする
寒がりで手足が冷たい
下半身にもむくみがある

昼はおしっこ少ないけど夜になると良くいく
軟便が多い
もしくは朝起きてすぐに下痢する(しそうな痛さがある)

男性の場合はインポテンツを伴いやすい
女性は不妊になりやすい

こんな感じです。
では、当てはまる方のやせるポイントは

1|腰のマッサージ
  タイプ1(胃腸虚弱・水太り)のおなかのマッサージに加えて
  腰もマッサージしましょう。
  おへそとおへその裏(腰)を左右の手で挟み
  反対方向に円状にこする。
  朝晩30~60回くらいすると良いと思います。

2|食養生
  温め食材プラス水分代謝アップ食材の組み合わせで攻めてみましょう。

  芝エビとキュウリの炒め物
   えび
   芝エビ、きゅうり、白ねぎ、塩、油
   エビはセワタを取って洗っておく。
   後は適当に材料をこまかく切っておく。
   油でエビを赤くなるまでいため、キュウリ、ねぎを加えサッといためる。
   塩で味付け。酒を入れても良い。

   脾と腎を補い温めます。
   さらに利尿効果もあるのでオススメです。

   *体を冷やす食べ物は極力避けましょう。
   
  (オススメの食材)
  シナモン、クローブ、中国山椒(花椒)、八角、エビ、くるみ、羊肉、鹿肉
  米、もち米、小麦、ヤマイモ、たまねぎ、にんにく、しょうが、ニラ、コリアンダー
  なつめ、梅、杏、さくらんぼ、竜眼肉、ライチ、栗

では、次回はタイプ3食欲旺盛ぽちゃです。

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: むくみ, 冷え症, 美容・女子力, 薬膳のはなし タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。