【中医学】膣トレが必要なタイプはこんな人。

こんにちはー
推拿ルーン占いヒーリングのパン長です。

ケーゲル体操って知ってますか?
骨盤底筋っていう骨盤の下のあたりにある筋肉群を鍛えて、
膣圧をアップさせる膣トレの運動のことなんです。


(1:20あたりから筋肉の図と運動のやり方があります)

産後の尿失禁
老化による尿失禁

だけでなく、

子宮下垂、子宮脱(子宮が下垂してきて最終的に膣口まで到達する症状)
脱肛(直腸が肛門まで下がってくる)
O脚
膣の締りがゆるくなってきた
セックスが気持ちよくない(なくなってきた)

と、こんな症状などに効果があるそうです。

ケーゲル体操や膣トレについてはこちらのサイトが詳しいですので手順など参考にしてください。

‣‣‣「引き締め運動の効果が出るのはどれくらい?やり方も 河野美香さん」
‣‣‣「ケーゲル体操のやり方とポイント 注意点も」
‣‣‣「オンナの膣圧UP塾|膣トレ体操」

さて、

中医学的には
「膣がゆるくなってきているのも内臓が下垂するのも気が不足している状態の現われである」
と考えます。

脾経や腎経、肝経などの働きが鈍くなっていたり
これらの経絡のエネルギーバランスが乱れていたり
気が不足して気陥という症状になっていたり

こういう原因によって
膣がゆるくなったり、子宮が下垂したりします。
また、下垂するのはなにも子宮や肛門だけではありません。
下腹とかおしりとか胸とかあごとかまぶたとか・・・
垂れてほしくないところばっかり垂れてくるんですよね。
あ、あと
尿が漏れるだけでなく、生理ではない時の不正出血がある方もいますね。

しかも、このタイプの方は気虚という気が不足している状態ですから

冷え症
胃弱・消化不良・食欲不振
元気が無い、やる気が沸きにくい

というエネルギー不足の症状が一緒に出やすいです。

また、腎と肝のバランスも崩れやすい傾向にあり

生理不順
生理痛
生理前の不快感
イライラしやすい
むくみやすい
頭痛
めまい

などを伴うこともあります。

また、あまりネットで書かれていないようなんですけど
実は、このケーゲル体操をすることで
骨盤や腰の歪みがましになったり
姿勢が良くなる事からウエストが細くなったりバストアップしたり
色々といい事があるんですよ。

腰痛で悩んでいる方にも試していただきたいトレーニングですので男性にもオススメです。

「あ、これ、わたしの事だわ」

と思った方はケーゲル体操をちょっと試してみてください。
すぐに変化は出ないんですけど地道に続けてみましょう。

また、自分でやるのがしんどい、だるい、めんどくさいって方は
パンダ整体院で推拿施術を受けるのがいいと思います♪
13d181239fb7dcca6a53214161dbee79
推拿整体で定期的にアプローチすることは症状の緩和に効果的だと思いますよ~

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: 中医学のこと, 女性の病気, 性の悩み, 美容・女子力 タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。