【中医学】熱中症とか熱い症状の治し方

こんにちはー
パン長です。

世の中には「まじかよ!」と思うような事がたくさんありますね。

日射病や熱中症にはご用心

いやぁ、暑いですね最近。
きのうザリガニ取りに行ってきたんですけど
ほんま、暑かったです。

帰ってきたら暑くてなんか頭が痛かったんですが、熱中症でしょうね。これ。
こんなときは「ヘナ」で頭を洗ったりすると効果的なんですが
ツボを使っても暑さ対策はできますよ~

専門的なことなんですが、
推拿では鍼灸と同じように補瀉のアプローチができます。
「瀉(しゃ)」ってのは邪気を抜いていく技です。
また漢方と同じように「汗法」という汗を出す技もあります。
発汗解表することで邪気をはらうこともよく使うんですよ。

熱中症は暑邪(しょじゃ)や熱邪(ねつじゃ)が体内であふれている状態ですので
これをツボに効果的な刺激を与える事によって抜いていくというアプローチ方法です。

暑気払いのツボ

合谷
合谷

風池、百会、
百会、風池

足三里
あしさんり

それぞれ親指で5秒ほど押し1秒休み。
これを2分くらいしてみてください。
熱を下げたり暑湿でやられた胃を回復させてくれます。

さらに、食養生でも暑さをしのぐことができますよ

暑さをさましてくれる薬膳

・レモン
Lemon.jpg

 レモンの果汁に甘みを加えて飲んでください。
 蜂蜜に漬け込んだレモンを水や炭酸水で割って飲んでもOK.

・キュウリ
Cucumis sativus1.jpg

 生でバリボリいっても良いし、甘酢漬け、糠漬けなどでもよいです。
 やわらかいキュウリと蜂蜜を一緒に食べてもいいし、ミキサーにかけてジュースにするのもありです。
 一緒にスイカもミキサーにかけてもよいです。

・苦瓜
Goya champru by jetalone in Tokyo.jpg

 乾燥品をお茶にしてもよいですよ~

・緑豆
Ryokutou.jpg

 本当は甘草と一緒に煎じたりすると良いですが(トリカブトの毒も消すそうです)
 煎じるのがめんどい方は緑豆もやし、緑豆春雨でもOK

とまぁ、こんな感じです。
ツボもそんなに難しい場所じゃないですし、
食べ物もわりと手に入りやすいものばかりだと思います。
夏場はこれらの食べ物が常に冷蔵庫にあると良いかも知れないですね~

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: 中医学のこと, 暑い・熱中症 タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。