【プチ中医学】jojoの波紋法は実在する?!

突然ですが「ジョジョの奇妙な冒険」というマンガがあります。
日本が誇る天才漫画家 荒木飛呂彦先生の大河ロマンホラー作品です。

ジョースター家の一族と、吸血鬼と化したディオやその後継者たちが、
2世紀以上に渡り繰り広げる戦いを描く大河群像劇です。
主人公ジョナサン=ジョースターが使う技に「波紋」というものがあります。

波紋(はもん)
東洋の仙道に伝わる秘術の1つ。
独特の「呼吸法」により血液中のエネルギーを蓄積し、生命エネルギーを活性化させる。
呼吸法により練り上げた生命エネルギーが「波紋」に見えたことからそう呼ばれる。
「波紋の呼吸」で作り出されるエネルギーは「太陽光と同じ波動」であり、強い波紋エネルギーは太陽光に弱い吸血鬼を死滅させることができる。
なお、波紋にはいくつかの種類があり、中でも「山吹色の波紋疾走」(サンライトイエロー・オーバードライブ)が最も波紋エネルギーが強い。
作者の荒木は、単行本で「エネルギーを絵にできないかと考え生まれたのが波紋です」と述べている。
(ウィキペディアより引用)

原作では波紋の説明としてこの有名なシーンがあります。
978d477014fc548980b5b51c2b17c1ec
「水に波紋を起こす様に呼吸法によって「肉体」に波紋を起こし
エネルギーを作り出すッ!」
少年マンガなのでこのようなザックリとした説明になってます。
なんとなく分かるような分からないような感じですね。

24d70eb03b79cc232702a7dda91e21ea
カエルを拳で殴る!
普通ならつぶれてしまうはずですが…

d56076af1b80d2742473111c675e21d7
カエルの肉体を波紋のエネルギーが伝わってカエルの下にある岩が割れた、とこういうわけです。

まぁ、これはあくまでもマンガの世界でのお話ですが
ようするに波紋ってのは呼吸法によって作られた一定の波動(エネルギー)を使う技という事ですね。

実はこの波紋法が推拿の技に実在するんです。

「振法」

2011218125418734.jpg

2011218125419580.jpg

振法は指や手のひらを使って振動を受者のカラダに浸透させ表面ではなく内面の奥深くにエネルギーを到達させる手法です。
僕たち術者は

1|呼吸法を使い、気を丹田に沈め

2|意念で気を丹田から引っ張り出して

3|施術する腕の内側にそって手のひらの労宮穴まで気を運び

4|気によって力を生じ、力によって振を発する

という技です。

呼吸で気(エネルギー)を生み出し、その気によって受者に作用するという手法なんです。
なんか波紋みたいでしょ?

熟練するまではお風呂などの静かな水面に手のひらをくっつけて
気の力だけで「波紋」が生まれるように特訓します。
達人は30分くらいリラックスしながらできるそうですよ。

ちなみに、

精神安定
目をはっきりスッキリさせる
お腹を暖め気をめぐらせる
食べ過ぎの状態で詰まっている消化器系を通らせる
胃腸のぜん動の促進

不眠
イライラ
健忘症
自律神経失調症
試合やテスト前の緊張

などに用いると効果的です。