息子と一緒にボードゲーム作り

こんにちはー
パン長です。

僕がボードゲームと出合ったのは小学校の四、五年生の頃だったと思います。
BBショップというおもちゃ屋さんが近所にあったんですが
当時はファミコン全盛期でして、
店内にはディスクシステムの機械が置いてあったり
ディスクシステム

魔神英雄伝ワタルのプラモがおいてたり
CA3C3611

ガンプラやミニ四駆が置いてあったりした普通のおもちゃ屋さんでしたが
miniyonku

その一角にひっそりとボードゲームが置いてあったんです。

5年生くらいの時にクリスマスのプレゼントでラビリンス(僕)とザーガランド(弟)をサンタさんからもらったんですよね~
ラビリンス
rabisrinsu

ザーガランド
sagaland
(ちなみに今でも大切に遊んでます。パンダ整体院に置いてるアレです♪)

あとTRPG(テーブルトークRPG:コンピュータのロールプレイングゲームの元になったアナログのゲーム)やウォーゲームなども一緒に並んでました。
すごいかっこいいなー、ファンタジーの世界って魅力的だなーとずっと思ってて
TRPGは中学校の時に誕生日か何かの時に指輪物語と
yubiwa
ルーンクエストを買ってもらいました♪
ru-nnkuesuto

いや~懐かしいわー
TRPGが手元に残ってないのが悔やまれる~

さて、前置きが長くなりましたけど
僕はヘビーなゲーマーではありませんが、一つ二つのゲームを何度もやりこむのが好きなタイプです。
なのであんまり数はこなしてませんし、持ってもいませんでした。
ドラクエもファイナルファンタジーもスルーです。
ウィザードリーは
Wizardry6_646x476
パソコン雑誌で眺めてて海外のゲームってかっこいいなーって思ってました。
でもやったことありません。。。

中学校に入った頃ちょうどハイファンタジーの入門みたいな位置づけで
「ロードス島戦記」という作品がありました。
TRPGから始まって小説、カセットブック、コンピュータゲーム、アニメ。。。とメディアミックス展開していた作品です。
ro-dosu

この作品群にはものすごく影響を受けました。
もう小遣いのほとんどを費やしてましたよ!!!
原作の水野先生やグループSNEの安田先生がいなければ
僕の人生はもっともっと味気ないものだったかもしれません。
ありがとう!そして、ありがとう!

というわけで、そのロードス島戦記のコンピュータゲームに大いにはまってました。
TRPGのダイスを使った戦闘システムのあの雰囲気や
プレイヤの気分次第でシナリオがドンドン変わっていく、まるで本当にその世界に入り込んだような感覚が大好きでした。
キャラクターになりきってその世界で動き回る(=ロールプレイング)ゲームシステムです。

この雰囲気をボードゲームにしたいなぁと思ってたんですよね。
で、息子と一緒に創って遊んでみました♪

dokuro2
戦闘シーンのみを切り取った感じなんですが
いわゆるタクティカルコンバットでダイスを使った戦闘システムです。

ネーミングは息子様がかんがえた「ドクロ島」

マップの地形を自分で描きたがる息子

マップの地形を自分で描きたがる息子

マップのネーミングも息子。間違いなく僕よりもセンスがイイ!

マップのネーミングも息子。間違いなく僕よりもセンスがイイ!

おばけモチーフはもちろん僕も大好き!

おばけモチーフはもちろん僕も大好き!

悦に入ってます

悦に入ってます

キャラクターシートとボード

キャラクターシートとボード


キャラクターシートはトレーディングカードみたいな雰囲気に出来たらいいなぁと思ってます。
もうちょっと手直ししてみる!

行動マーカーは手芸やでエエ感じのボタンを購入♪

行動マーカーは手芸屋でエエ感じのボタンを購入♪

ダイスもシールを貼ってカスタマイズ

ダイスもシールを貼ってカスタマイズ

拡張マップの地形をらくがき帳に下書き。 マップの地形デザインもまかせてみたら案外イイのができててびっくり!

拡張マップの地形をらくがき帳に下書き。
マップの地形デザインもまかせてみたら案外イイのができててびっくり!

キャラクター駒の強度がチョット問題。。。

自分がデザインしたマップで遊ぶ♪

おはじきは黄金のドクロという設定。

おはじきは黄金のドクロという設定。

イメージを膨らませようとらくがきしてみた

イメージを膨らませようとらくがきしてみた

息子の真似して娘も参加♪

息子の真似して娘も参加♪

いや~妄想を現実化させるのって楽しい♪

さて、来月1月13日に恒例の「子供ボードゲーム会」をやります。
すでに7家族ほど申込がありますがまだもうちょっと参加できますので興味がある方はお声かけください♪
フェイスブックに申し込みページも用意してますんでFBやってる方はこちらからどうぞー

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: (1)余談・雑談, (6)ボードゲーム会 タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。