【プチ中医学】少女時代のようなプルプルのお肌になる為に

こんにちはー
パン長です。

少女時代の新曲カッコイイですねー
サイバーでクールで。

テヨンのハイトーンも相変わらず冴えてるし
2番Bメロでのサニーのラジオボイス風に処理された歌声もカワイイ。

でも、初期のこんな感じの曲も好きですけどね。

昔のB’zか!って感じのサウンドやね(笑)
サビ終わりのイントロに戻るところのシンセブラスのリフが最高に安い音(誉め言葉)で好きやわー

少女時代のようなプルプルのお肌になる為に

さて、秋の気配が朝晩してますがお肌が乾燥したり荒れたりしてませんか?
春と秋はお肌トラブルが出やすいですから気をつけましょう。

さて、少女時代のお嬢さんたちはみんなお肌がきれいです。
snsd
まぁ、僕の知る範囲では基本的に韓国の人はたいがいお肌キレイなんですけどね。
よく行く韓国料理屋さんのオモニが言うには
韓国では1日にキムチを2食~3食は食べる人が今でも多いそうです。
食べられない日が2日続くと発狂しそうになるっておっしゃってました(笑)

美肌のポイントは

[em_st]1:腸をキレイに

2:消化器系を助ける

3:潤いの補給

4:血を補う
[/em_st]

ですね。

1:腸をキレイに
中医学ではお肌は肺の支配領域です。
肺は大腸と表裏でつながってますのでこの二つの経絡がお肌には関係します。
秋は肺が乱れやすいので肌荒れが出てくる人もいるというわけです。

乳酸菌にかぎらず発酵している食品は基本的にお肌の見方です。
手作りの漬物、納豆、塩麹、キムチ、ザーサイ、腐乳などなど

2:消化器系を助ける
これは消化吸収に関係する「脾」を助けるという意味です。
気血水を生み出す母ですのでここが弱ると体の中が澱んできます。

毎日朝晩お腹を「のの字」にマッサージ。
これだけで大きな変化があります。
便秘の方や胃腸虚弱なら特にオススメ。
お臍を温めるのも良いでしょう

3:潤いの補給
潤いを補うには「滋陰」の食材が重要。
がばがば水を飲んでも効果ないですよー

山芋とか胡麻とかキクラゲとか
卵とか豚肉とか豆乳とか
牡蠣とかあわびとかそういう貝類とか
ゆり根とかクコとか松の実とか
まぁそんなのがいいんじゃないでしょうか。

4:血を補う
血が無いと肌の色が悪いです。

血を消耗しないように目の酷使や睡眠不足を止めるのはとても良いです。
あとは、ナツメとか、クコとか、ブドウやプルーンやそんなんがいいですねー
人参やピーナッツもオススメです。
レバー類が食べれる人はそれもいいですよー

まぁあんまりキチキチやらなくていいですけど
基本は消化器系に負担を減らして
お肌まで気をめぐらせる
という事が大切になってきます。

普通の食事とちょっとした運動や呼吸法などで十分若々しいお肌を保つことが出来ますし、
メンテナンスで鍼や推拿の施術をうけるのも効果的です。
実際、パンダ整体院で施術後のお客さまは
みんな血色が良くなってお肌の艶も蘇っていますよ~。

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: 中医学のこと, 美容・女子力 タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。