老化を遅らせる。そんなことできるの?

(過去記事に加筆修正して再アップ)

こんにちはー
パンダ院長です。
こないだ[em_mk]推拿1dayセミナー[/em_mk]の受講生向けに実技の復習をしました。

その時にお土産でこんなんもろたぜ!
『行列のできる中医整体院』~推拿・中医学・びわ温熱~ パンダ整体院 神戸三宮
『行列のできる中医整体院』~推拿・中医学・びわ温熱~ パンダ整体院 神戸三宮
生徒さんが作ったんじゃなくて友達が作ってるそうです。
ビワ葉のエキスが入った石鹸!
これはうれしい!!
Yさんありがとー

老化したくないよね。

推拿って慰安レベルのリラクゼーションとしても機能しますが、中医学的に各症状にアプローチする事もできます。
言い直すと、
[em_mk]めっちゃ気持ちいいマッサージ的な施術なのに特別な症状にもアプローチできる[/em_mk]
ってことです。

さて、人類の永遠の悩み。
それは[em_st]「アンチエイジング」[/em_st]じゃないでしょうか。
僕はマイナス10歳くらいに見られると嬉しいです。
(現在34歳なんで24歳くらいの見た目でいたい。)

古代中国でもアンチエイジングは重要視されていました。
悪女として名高い西太后などは毎日次女にヒスイの櫛で髪を梳かせていたそうですが、
ある日鏡を見ていると白髪が在る事に気づきその[em_mk]侍女の首をはねた[/em_mk]と言われています。
[em_st]((((;゚Д゚)))コワイヨー!オバチャンコワイヨー[/em_st]
もっとも、ほんとは悪女ではなく、むしろ才女だったと最近の研究ではわかってきたそうです。
噂話がまことしやかに広がっていったんでしょうね。

さて、[em_mk]推拿では老化を遅らせるためのアプローチ[/em_mk]もイロイロあります。
その中で自分で出来るテクニックを教えちゃいましょう。
それは

[em_st]「足の裏を刺激する事」[/em_st]です!
足心のくぼみのとこに「湧泉」ってツボがあります。

足少陰腎経の起点です。
このツボを刺激する事で
滋陰補腎して五臓六腑を養う力がみなぎります。
体を強壮にして老化を防ぐ働きがあるというわけです。

でも、闇雲に揉むのはしんどいです。
ぼけーっとドラマでも見ながら足の裏をこすってみましょう。
ツボ刺激だけのために30分間を費やす必要はまったくありません。
[em_mk]何かのついで[/em_mk]にやりましょう。

[box]左手で左の足の甲の部分を押さえて、右掌で左足裏をこすります。
何も考えずに擦りましょう。
上下に往復で擦る事100回。
足の裏に熱が浸透したらやめる。
冷たいままならもっと長く擦っててもいいです。
このほかにもお酒を足裏に塗って同じく擦る方法もあります。
[/box]
たった一つのツボだけを刺激しているだけのことですが、用量用法が適当であれば効果は上がり易いものです。
ツボから経絡を通じて臓腑や気血にアクセスできるのが中医学の経絡理論の醍醐味です。
毎日コレをするだけでも老化を遅らせることが出来ます。
継続してやってみると良いでしょう♪

あと、12月2日には老化を遅らせたり美肌鍋とかをみんなで作って飲み食いするイベントをやります。
是非是非遊びに来て下さい♪
初めての方は場所が分らないと思うので必ず連絡ください。

K-POP韓国鍋会2012冬

[meteor_slideshow]

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: 美容・女子力 タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。