美肌になる方法。薬膳だったらこんな感じ。

こんにちはー
パンダ院長です。

こないだ久々にメヘンディを施したのですが

描いているうちにどんどん楽しくなってきてこんなに描きこんじゃいました♪

2日目でこんな感じの色目に落ち着きます。

今日の午前診に来られたお客さんの息子さんが
「おててに金魚さんがおる~♪」って言ってました!
カワユス!!!!!!!!!!!

メヘンディというのはインドの薬草ヘナをペースト状にして肌にペインティングし染色する技術のことです。
1週間ほどで色が消えるのですが、描いたモチーフが消えると願い事が叶うと言われています。

ヘナはデトックスの薬草として有名ですよね。
アートでデトックス。いい感じですね!

便秘を解消すると美肌になる。そんな薬膳です。

さて、今日は美人になれる薬膳のご紹介です。

ポッサムという韓国料理をご存知ですか?
茹で豚で野菜とかヤンニョム(藥念)とかキムチを包んで食べるあれです。

コレをパンダ流にアレンジして美肌と便秘解消の薬膳メニューにブラッシュアップしました。
てか、ポッサムの時点でもう完全に薬膳ですけどね。
チャングムとかにでてきそうな感じですよねー

今回の中医学的なポイントは「滋陰」です。
秋は乾燥しますよね。
自然界の中に「燥邪(そうじゃ)」と呼ばれる邪気が増えてきている、という風に中医学では考えます。
(邪気は「邪悪な気」ではなくて病気の引き起こす原因の事です)

燥邪は潤いを奪い、体が渇きます。
皮膚まで精が供給されずにツヤがなくなり、ひどくなるとパサついたりひび割れたりします。
便がカチカチになり乾燥性の便秘にもなりやすいです。
こんな時は薬膳で潤いを補給し、気をめぐらせて潤いをお肌や腸に届けます。
 
 

ポッサムの作り方

ポッサムは茹でた豚で野菜とかキムチとかなんか適当に包む料理です。
今回は

 ・大根の和え物(赤)
 ・大根の和え物(白)
 ・水菜のナムル
 ・もやしのナムル
 ・キムチ(市販の安いやつ)

を用意しました。
あとは茹で豚で包むだけですが、今回は焼いた豚肉も用意してみましたよー
 
 

<大根の和え物(赤)>(上に写ってる方)
大根のナムル2種類

<材料>
大根
松の実(乾煎りする)
レーズン
水菜(彩り程度)
すり白ゴマ
ええ感じの塩
甜菜糖

*キムチの素
  トウガラシ粉
  甜菜糖
  しょうゆ
  みりん
  どんぐりの粉
  自家製めんつゆ
  スルメ
  乾燥アミエビ
  おろしニンニク
  おろししょうが
  おろしリンゴ
 
 
<つくりかた>
1|大根を塩で揉む。

2|ゆでた水菜とか他の材料を全部ほりこんで混ぜる

*キムチの素はお湯少し入れて混ぜ、少し寝かせておいたものを
 使うと美味しいよ♪
*塩が決め手なのでお気に入りを使おう!

 

<大根の和え物(白)>(下に写ってる方)
大根のナムル2種類

<材料>
大根
松の実(乾煎りする)
セロリ(葉っぱの部分)
レモン汁
鰹節
すり白ゴマ
エエ感じの塩

<つくりかた>
1|大根とセロリの葉を塩で揉みこむ

2|材料を全部入れて和える

 
 

<水菜のナムル>
水菜のナムル

<材料> 水菜 すりゴマ にんにく醤油 (醤油にニンニクチップと麹をいれて保存しておいたもの)
<作り方>
1|水菜をゆでて切って混ぜあわせるだけ

 

<もやしのナムル>
焼いた豚肉ともやしのナムル

<材料>
もやし

すりゴマ

<つくりかた>
1|もやしを茹でて塩もみしてゴマを振る

 
 
今回はニンニクは少なめでサッパリ系にしてみましたー
キムチは作る暇がなかったのでスーパーで売ってる安いやつ。
最近のキムチはケミカルなわりにそこそこ美味しいものも出てきてるのでバカにできない。

ポッサムとキムチ

こんなかんじで茹でた豚肉で包んで食べるのであります。
ポッサム。茹で豚でナムルを挟んでる

体に潤いを与えお肌つるつるすべすべ、腸も潤うのでするるんっとお通じがよくなりますよー

読んでいる以上に簡単なのでぜひ作ってみてください♪

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: 美容・女子力, 胃腸の不調, 薬膳のはなし タグ: , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。