男らしさってなに?8歳の少女の曇りなき眼には世界はどう映っているのだろう。

パン長ですこんにちは。
神戸三宮で推拿・占い・ヒーリングなどを用いて、あなたの苦しみを取り除くお手伝いをしています。

インスタでね
ものすごい少女がいるんですよ。

🔗さよふしぎたんていしゃっていう
お悩み相談室みたいなことしている8歳のおんなのこ。

毎回ふか~い洞察や人生哲学
ある種達観したような人生観といった
一般的な8歳の少女のイメージとはかけ離れた
ジェダイみたいな子です。

この投稿をInstagramで見る

problem solved! #さよふしぎたんていしゃ #さよたんてい

さよふしぎたんていしゃさん(@sayomysterydetectiveagency)がシェアした投稿 –

すごくないですか?
この返答。

真理ですよね。

でもさ、実際のところこういう感じで

おとこらしさ
おんならしさ

で苦しんでる人多いですよね。

おんならしさって事で傷ついてる女性がたくさんいる事はもちろん知っています。
女らしさを強要される。
社会的な立ち位置や生活スタイルにかならずジェンダーの問題が立ちふさがる。

その通りだと思います。

だけど、ジェンダー問題は女性だけが傷ついているわけではなく
男性も同じように「おとこらしさ」を強要されることで傷ついています。

男性も女性もどちらともが「らしさ」によって苦しんでいる。

今の時代はどうかわからんですけどね。
10代の子達が見ている世界は
ぼくらオッサンが見ている世界とは違うだろうし
僕が育った昭和の時代はまだまだ「おとこらしさ」が威張ってた時代でした。

さよたんてい(8さい)が言うように
「おとこらしさってなに?」
だと思うんですよね。

男らしくなくていいし
女らしくなくていい。

一番たいせつなのは

「じぶんらしく」

だと思います。

そして、本性を自然に振舞っている自分を
「すてきだとおもっているひとがいる」っていう事に
自分で気づいていく。

そうすれば
僕らは世界線を越えて
縛られない生き方ができるようになると思います。

自分で気づく。
難しいかもしれません。
内観したり客観視したりって言うのは
さよたんてい(8さい)みたいな
卓越したジェダイだからこそできる事なのかもしれません(笑)

でも大丈夫♪
もし、自分でパッカンできない場合は
僕らみたいな心理セラピーやっている人や占い師のもとに行けば
きっといろんな気づきがあると思いますよー

ひとりで見つけられなくても大丈夫。
一緒に見つけていきましょう。

予約バナー_03

◎パンダ整体院の理念◎ パンダ整体院は
中国伝統医学の推拿(すいな)や
シータヒーリング、占いなどのメンタルケアを中心とした施術を通じて
術者とお客様が信頼関係を築き
定期健診のように来院できる整体院を目指します。

  ブログの更新はSNSなどでチェックしていただくと読み逃しありません。
フォローお気軽にどうぞ。

 
フェイスブック(申請お気軽にどうぞ)
http://www.facebook.com/pandaseitai2/
ツイッター(フォローお気軽にどうぞ)
http://twitter.com/pandaseitai

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.