「好きを仕事にする問題」について。ちょっと論点をずらして考えてみませんか。

こんにちはーパン長です。
神戸三宮で推拿・占い・ヒーリングなどを用いて、あなたの苦しみを取り除くお手伝いをしています。

★ちらっとお知らせ★

4月19日~4月21日
島根県の海の向こうの神秘の島「おきのしま」にて
サウンドヒーリングとか瞑想とかのリトリートツアーをやります。
詳細は後日発表。
しばし待たれよ。

 
 
さて、今日は「好きな事を仕事にする」 
について考えてみたいと思います。

最近、はたらく事についていろんなところでいろんな方が語っておられます。
で、ちょくちょく見かけるのがこの二つ
 
 
「好きな事を仕事にするのは素晴らしい」
「好きな事ってほんとに仕事にすべきなの?」

 
 
っていうね、
反対の意見をよく見るんですよ。
どっちが一体ほんとうなんでしょうね?
 

 
おそらく「人によって正解が違う」
っていうところに落ち着きそうですが
答えを出す前に一度
「しごと」とか「はたらく」っていうのを
捉えなおしてみましょう。
 
 
なんとなく僕としては
ちょっと論点をずらしてみたら
ヒントが見えてくるんじゃないかな?なんて思います。
 
 
 
 

 
 
働くって言ってもいろんなスタイルがあります
 

企業などに勤めてお給料をいただくパターンもあれば
自分で会社やお店を立ち上げる方もいます
フリーランスでやっている方もいますし
家事に従事している方もいます

 
 
どれもこれも
「はたらく」
です。
 
 
では、なぜ働くのか?と問われれば
稼ぐために働くという方が多いんじゃないでしょうか。
 
 
お金はいらないから働かせてほしい
という方も中にはおられるかもしれませんが
それは、
どちらかというと「はたらく」ではなくて
「まなぶ」っていうスタンスですよね。
 
 
 
働く目的は稼ぐことです。
 
 
 
そうなると
 
 
「どんな仕事がしたいのか」
「どんな稼ぎ方をしたいのか」
 
 
という風に
言い換えることもできると思います。
 
 

どういう「働き方スタイル」で稼いでいきたいのか?
っていう事です。
 
 
 
 

 
 
「仕事内容は好きじゃないけど給料は良いし労働条件も良い」
「とくに好きって事もないけど得意だから淡々とこなしてる」
「好きな事だから頑張って働いてる」
「一つの仕事に縛られずに自由を優先して働きたい」
 
 
人それぞれ仕事に対してのスタンス(=働き方スタイル)があります。
そして、
どれが良いとか悪いとかもないと思います。

ただ

自分自身の本質にあっているかどうか?
っていうのはあると思うんですよね。

 
 

例えば僕は《射手座》で、
マヤ暦では《黄色い人》の紋章があります 

自由を好み
縛られるのがストレスで
好奇心のままに動きたくて
自分の興味を追求して極めたい

 
 
そういう気質を持って生まれています。
ていうことは
企業で勤めるなら
ある程度自由が利く部署で
研究とか作業に没頭できるのが向いてるはずなんですが、
ただ、好奇心が旺盛で、
新しいことに目が向いたらそこにフォーカスしていたいタイプなので
そうなると
同じ作業をひたすらやり続けることも向いてないわけです。 

 
って考えると僕の場合は
企業勤めよりは自営業の方が自由度が高いので
今の働き方スタイルは僕に向いている
という事になります。
 
 

 
これは僕の場合は、っていう話ですので
あなたにはあなたの気質にあった
働き方スタイルがあります。 

 
 
 
心配や不安が強く出るタイプの方は
自由よりも安定を求めるでしょうし

外に出て輝くことで力を発揮できる人は
事務仕事とかは向かないって事になります。 
 


 
 
でね、
ここで一つ問題が出てきます。
 
 
あなたの好きな働き方スタイル(=稼ぎ方)が
あなたの持って生まれた気質に合わない場合
どうしたらいいのか?
っていう事なんですよ。 

 
 
たとえば 
「会社勤めで安定した稼ぎ方」をしたいのに
実は、あなた本来の気質が
「冒険しているワクワク感が生きがい」なのであれば
ほんとは会社勤め向いてないんじゃない?
って事になっちゃうんです。
  
 
  
 
 
 
 
「どんな風に働くか?」っていうのは
仕事内容が好きか嫌いかっていうよりは
じぶんの生き方に向いてるかどうかっていう
そういう問題なんだと思います。 
 
 
 
一方
「好きを仕事にする」かどうかって言うのは
「働き方スタイル」の問題ではなくて
「仕事の質、内容」の問題ですよね。 

 
 

 
  
「写真を撮るのが好きだ」って言う方は
 
 

●広告写真をとる事務所に属する
●フリーの報道カメラマンになる
●アート写真を撮る写真家になる
●求人誌などの媒体の会社でカメラマンとして所属する
●プロのインスタグラマーとして食べていく
 
 

などなど
ほかにもたくさんあると思いますが
「写真」 という 「好き」
を活かす働き方のスタイルはたくさんあります。
 
本来のあなたの気質に合った働き方スタイルを選んで
で、
そのスタイル上で、
 
 

「じゃあ仕事内容は何にしよう?」
「写真好きだからそれにしよう」
「おしゃべりが好きだからそれにしよう」
「絵を描くのがとくいだからそれにしよう」
「体を動かすのが好きだからそれにしよう」 
  
  
みたいに、
自分の「好き」を選んで「仕事内容」にしていけばいいんだと思います。 
 
 

 
好きを仕事にするかどうか
で考えていくと視野が狭まっていきますが
あなた自身に向いている働き方スタイルで
どうやったら自分の好きを活かせるのか?

っていう風に
考える方向を持っていくと
まだ見ぬ可能性が見えてくるんじゃないでしょうか。
 
 
 

 
僕は働き方のスタイルは
生きる質にかかわってくると思っています。
QOLに関わるって言うか。
そんな感じ。
  
 
 

 
働き方のスタイルに向き合うタイミングは
人それぞれです。
別に焦って仕事を変えたりとか
そういう話ではないんですけれども

もし、
今の働き方スタイルが
自分の望む生き方に合ってないなぁって思うのでしたら 
たぶん、
それは一つの兆しですよね。
  

 
人生が、より自分らしくなっていく
そのためのサインとして
働き方に違和感を覚えた
という事だと思います。 
 
おわり。

予約バナー_03

◎パンダ整体院の理念◎

パンダ整体院は
中国伝統医学の推拿(すいな)や
シータヒーリング、占いなどのメンタルケアを中心とした施術を通じて
術者とお客様が信頼関係を築き
定期健診のように来院できる整体院を目指します。

 

ブログの更新はSNSなどでチェックしていただくと読み逃しありません。
フォローお気軽にどうぞ。
 

フェイスブック(申請お気軽にどうぞ)
http://www.facebook.com/pandaseitai2/

ツイッター(フォローお気軽にどうぞ)
http://twitter.com/pandaseitai

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.