病気になったらチャンスだと思います。

こんにちはーパン長です。
神戸三宮で推拿・占い・ヒーリングなどを用いて、あなたの苦しみを取り除くお手伝いをしています。

imag3040
 
 
先日、大阪中崎町にありますスローケアパーラーさんで乳がんに関する講座をしてきました。
スローケアパーラー
http://www.organicbotanics.jp/salon/
 
%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%82%a2%e4%b9%b3%e3%81%8c%e3%82%93%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%ef%bc%88%e3%82%aa%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ac%ef%bc%89b5
14976919_1212577052135961_1026637556916284790_o
 
まぁ、乳がんのことをメインに話したんですが、
それよりもお伝えしたかったことは

病とはいったい何なのか?
 
 
ということなんです。
みんな病気は嫌いだと思いますが
病気のことをちょっと悪者扱いしすぎていませんか?と、
そんな風に僕は感じます。
 
 

 
なぜ病という状態(現象)が体に現れるのか?
どうして病になる必要があるのか?

 
 
そんな風に考えたことがある方は少数派だと思うんですね。
普通は
病気は悪者で、
一刻も早く身体から病邪を取り除いて
病気をやっつけて
早く元気にならなければいけない
 
 
こんな風に考えている方が多いと思います。
ところがですね、
中医学を学んだり
自然療法とかいろんな代替医療や
伝統医学などを知っていくうちに
「病は敵」という考え方はどうも間違っているのではないか?
と思うようになりました。 
 
 

そもそも、なんで病になるのか。
中医学でははっきりと古典に書いています。
 
 
「虚に乗じて邪が入る」
 
 
つまり、
身体が弱っているところに
病気の元がやってくる
と、そんな感じの事を書いています。 
 
 
 
病の元のことを邪気と呼ぶのですが
邪気は固定されたものではありません。
人によって邪気ととらえられたり、邪気じゃないととらえられたりします。
 
 
邪気には種類があって
例えば寒邪(かんじゃ)という邪気があります。
これは寒さの性質をもった邪気ということなんですが、
Aさんにとっては邪気と感じられるけど
Bさんにとっては単に寒いだけで終わることがあります。
 
 
つまり、
Aさんは体が弱っている(虚している)ので
寒さに耐えられず身体がどんどんと寒さに侵され
感冒になったり様々な症状が引き起こされます。

Bさんは体が弱っていない(陽気が盛んな体)なので
寒さに対して抵抗力があり
感冒にもならないし普通にやり過ごすことができます。 
 

 
邪気になるかどうかは
そもそも自分が弱っているかどうか
ってのがキーなんです。 

 
 
そうなると、病気ってのは
「もともとアナタはからだが疲れてたよね」
「ちょっと休憩しないともたないよね」

というサインなんだと考えられます。
 
 
つまり、十分な休息をとり
そして、回復しだしたらしっかりと栄養を補給していく
という措置が必要なわけです。
「何が何でも早急に病気を治して
一刻も早く仕事や家事ができる状態にならねば!」
という考え方は自然の摂理に反しているということになります。

 
 
 
まぁ、そんなこと言ってられない時もありますし
社会で生きる以上はある程度そういう考え方も必要かもしれません。
 
 
そうなると 
自分の人生の中で何が一番大切なのか?
という問いが自然と芽生えます。
病気になった時って
こんな風に自問自答することができるチャンスなんですよね。
自分の生き方を見つめなおしたり
価値観を把握したり
身体の声に耳を傾ける必要性に気が付いたり
 
 

 
こんな風にして
病という身体からのサインに気が付いていくことで
どんどんと本来の自分らしい生き方に近づくんじゃないかと。
そう思っています。
 
 
 
 
ちょっと今回は堅い話になっちゃいましたね(笑)
まぁ、僕の講座ではこういう哲学をベースに
授業をしています。
 
 
 
今月の23日(祝日)には
漢方茶を飲み比べてみる利き茶会というのをやります。
%e6%bc%a2%e6%96%b9%e8%8c%b6b5

講師は
漢方茶マイスターの片岡由美さん。
%e7%89%87%e5%b2%a1%e7%94%b1%e7%be%8e%e3%81%95%e3%82%93
神戸初上陸のワークショップです。
漢方のハーブティーは様々な症状に対応していて
種類も多いので見てるだけでもワクワクします♪
 

そして、ワークショップのあとは
まったりとしながら
中医学や東洋哲学などに基づいた
お話をダラダラとしようかと思ってます(笑)
今回はテーマを「美」にしてみました。

まだ3名様程お席が空いていますので
興味がある方、
ぜひぜひお越しください~

 

11/23(祝)

10:00~12:00

5,000円(漢方茶代、お菓子代込です。)

*お茶菓子に山梨で活躍中の薬膳料理家、

せっちゃんの”実っくす”をご用意しています♪

 

興味のある方は下記のフォームから

 

 

・お名前
・メールアドレス
・電話番号

 

 

を添えて参加の旨をお伝えください。

フェイスブックとかでメッセージくれても構いませんし
メールや直接会ってのお申し込みでも構いませんが
予約制ですので、当日突然こられても対応できないこともあります。
あらかじめお申込みくださーい♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

件名(無記入でもかまいません)

メッセージ本文

返信が来ないよ~ってい方は
pandaseitai@gmail.comからのメールが届くように
迷惑メールフィルタの設定をお願いします。

メールエラーが帰ってくることもたまにありますので、その際はお電話でお返事させていただく事もございます。

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: ■■ |中医お茶会|■■, 中医学のこと タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。