アトピーの痒みを止める魔法のつぼ

アトピーの痒みを撃退する3つのツボをきょうはご紹介します。
  

どもどもパン長です。
神戸三宮で推拿・占い・ヒーリングなどを用いて、あなたの苦しみを取り除くお手伝いをしています。

IMAG1310
 
6月はこんなキャンペーンやってます。
吸玉CP
ご予約の際に
「おまかせ(推拿)70分」以上を選んでいただき
「すいだま希望」と伝えていただくと
500円割引で受けていただけます。

予約バナー_03

 
 

アトピーの痒みを止める魔法のつぼ

梅雨の時期にひどくなる症状の一つにアトピーがあります。

アトピーは最初は湿疹のような状態から始まる事が多いんですが
やがて水泡になって、やぶれてしまいます。
やぶれたら參出液から感染的に広がっていって
正常だったお肌にも湿疹が出て、カイカイになります。
昔で言う「とびひ」と同じような感じなんです。

 
 
で、
湿疹が何故出るか?というと
気の働き気のめぐりが低下することで
水の代謝がわるくなってしまい、
どろどろの老廃物が体に溜まってしまう事が原因となります。
 
 
 
そのドロドロを外に出すベクトルが肌に向いたときに
湿疹として表れます。
 
 
 
今日は原因のほうを直すつぼではなくて
痒みを押さえる方のつぼをご紹介します。 
 
 
 
手三里、合谷、曲池

 

【合谷】
ごうこく
手の甲側。
親指と人差し指の骨の交わる付け根のあたり。
やや人差し指の骨に向かって

 
 
【手三里】
てのさんり
肘を曲げたときの線があるので、その指3本下くらい。
押すとジーンと響くところがあるのでソレです。

 
 
【曲池】
きょくち
肘を曲げたときの線の端っこからチョット外側。
骨がへこんでる感じのとこです。
勝手に指が入ると思うので、ソコです。

 
 
 
この3つのツボをあわせて指圧(各穴とも1分くらい持続)をするか
千年灸とかでもいいですよ。

 
 
 
かゆみは体熱が盛んになればなるほどひどくなるので
この3つのツボで余分な熱を抜いていくイメージで押してみましょう。
また、胃腸にも働きかけるツボでもありますので
ドロドロを溜め込まないようにする予防にもなります。 
 
 

そして、もうひとつ重要なこと 

 
 
アトピーはドロドロ+熱の症状ですが
それは表面的なことであって
内臓や下腹部などは冷えているケースが良く見られます。
隠れ冷え症ともいえます。
 
 
暑さに耐えかねて冷たいものをがぶ飲みしたり
アイスを食べ過ぎたりするのは控えめにしてみましょう。
 
 
あと、お酒も悪化させやすいのでほどほどに楽しみましょうね。

 
 
 
 
  
それと、これが大事なことなんですが
アトピーはメンタル面ととても関係が深い症状です。
ストレスが溜まると悪化することが多く、
イライラで痒みが増した経験もおありではないでしょうか。

 
 
 
性格的に溜め込むタイプの方や
言いたい事を上手に表現できない方(口下手、ボキャブラリーが少ない、勇気が無いなど)に多く見られます。
自分の本心を隠してしまったり、どうせ言うだけ無駄だというタイプの方もそうです。
(逆に感情がすぐ外に出てしまう方もアトピーになることはあります。)
 
 
 
できるだけ外に出した方がいいんですが
それが難しい方は
山や海などの広いところで大きく深呼吸をしてみましょう。
深呼吸が上手くできないはずです。
森林
なんども練習して
深く息を吐いて、吐いて、吐いて
そして
ゆっくりときれいな空気を吸う。
 
 
 
非日常の空間は気持ちのリフレッシュになりますし
普段からストレスを流したり発散できる方法を持っているのも良いかもしれません。

 

 
 
毎日ツボで予防しつつ
ストレスを発散したり
気持ちを外に出す練習をしたり
そうやっていろいろと試してみましょう♪
 
 
推拿や吸玉、心のケアでもお力になれる事があるかと思います。
お気軽にご相談ください。

予約バナー_03

◎パンダ整体院の理念◎

パンダ整体院は中国伝統医学の推拿(すいな)や
シータヒーリング、占いなどのメンタルケアを中心とした施術を通じて
整体師とお客様が信頼関係を築き
定期健診のように来院できる整体院を目指します。

 

ブログの更新はフェイスブックツイッターなどでチェックしていただけます。

 

 
 

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: アトピー・湿疹, 中医学のこと, 花粉症・喘息・アトピーなど タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。