Q:どのへんまで揉むんですか?

こんにちはーパン長です。
神戸三宮で推拿・占い・ヒーリングなどを用いて、あなたの苦しみを取り除くお手伝いをしています。

さて、今日はちょくちょくお問い合わせいただきますコレについてお答えしたいと思います。

「施術ってどこまで触るの?」

うん、たしかに受ける方立場で考えてみると気になりますよね。
すでにパンダ整体院で施術を受けたことがある方はご存知だと思いますが
わりとぎりぎりのきわどいところまで施術させていただいています。

もちろん、それにはちゃんと理由がありまして、今回はそのご説明をさせて頂こうと思います。

その1。胸まわり。

写真を見ていただきますとおわかりいただけますでしょうか?
肋骨の間とかけっこうツボがあるんですよね。

胸部つぼ

筋肉もたくさんついています。

胸部筋肉

筋肉の間には神経もとおっていたりします。

胸部神経筋肉

この写真おもしろいですよね。
透視しているみたいじゃないですか?

でも実際のところ、僕らはこんな感じで皮膚の下を感じながら日々施術させていただいています。

胸部筋肉2

 
 

胸って脂肪と骨だけじゃないんです(笑)

 
肩が内側に入るくらいコリが溜まっていたり、腕の可動域が狭い人には

念入りに胸周りをほぐさせていただいています。

リンパ、ツボ、血管、神経などなど大切な物がたくさんある場所です。
また、中医学では心の状態、メンタルと体の関係も大切にしています。

メンタルが疲れている、消耗している時は胸周りがとってもつかれていることがおおいです。
(左の肩甲骨周りがヤバいことも多いです)
なので、胸の真ん中あたり(胸骨付近)をやさしくなでたりすることもあるのですが、リラックスしていったり体がほわんと緩んでいったりします。

推拿手法としては揉法、摩法、拿法、指推法など押したり揉んだりさすったりという手法が多く使われる部位です。
指だけを使ったり、手全体を使ったりその時々でかわってきます。

 
 

肋骨の間もツボや筋肉があるのでもれなく施術します。

 

肋骨の下に筋肉ありますでしょ?肋間筋

これ肋間筋って言います肋間筋スリッピング1

本当はブラジャーがないほうが揉みやすいので可能な方には外していただく事もありますが、その都度確認させていただいていますので強制ではありません。

肋間筋トリッピング2

 

この肋間筋がこると呼吸や姿勢にも影響を与えます。

呼吸時に収縮する肋間筋がこるということは

呼吸が浅くなったり自律神経のバランスが崩れたり免疫系にもダメージがあるという事です。
 
 
 

その2.そけい部、性器周辺、お尻周辺。

 

デリケートな部分ですよね。
場所が場所だけに誤解されかねないんですけど、
必要な方には施術させていただいています。
もちろん、これも強制ではありませんので
無理な方は遠慮なくおっしゃってください。 
 

 
どうしてこのあたりを施術していくのか?なんですが
女性にとって大切でとっても重要な部位だから施術させていただいているんです。
そけい部、性器、お尻周辺っていうのは「骨盤」という事になりますが、骨盤ってやっぱり大切じゃないですか。

なので
身体を支える骨盤にある筋肉を緩めていったり、
股関節を柔らかくしていくために施術してます


また、骨盤のなかには大切な大切な子宮が収まっています。
なので、骨盤には温かい血液が流れている事が重要だし、気の巡りが良くて、水の気が変に停留していないことで婦人科系のトラブルを予防していく事ができます。
  
 
 

スピリチュアルの観点から考えても子宮はやっぱり大事だし
チャクラで言うと第一チャクラ、第二チャクラにかかわります。
現実化、引き寄せ、女性性、金運、パートナーシップなどにかかわるエネルギーの場所です。

そういう意味でもやっぱり大切な場所なので出来るだけ丁寧に施術しています。
毒素や老廃物がたまっている場合はこそばゆい感じやコリのような痛みを感じることもあります。
それもその都度おっしゃっていただければ対応いたします。

多くのかたが思っている以上に骨盤周辺ってたいせつです。
また、筋肉だけ見ていってもたくさん骨盤につながっています。
腰回りやおしりまわりを入念に緩めると、下半身の疲れやむくみ、背中のこわばりやひきつれ、頭痛やめまい、首のつっぱりなどいろんなところに良い影響があります。
 
 

たとえばそけい部、性器まわり(解剖学的には骨盤前面とか骨盤底という呼び方をする場所です)を見てみると

まず、ツボがいっぱいあります。

下腹部つぼ
 

骨盤の中をみていただくと
子宮が護られるようにおさまっていますよね。

下腹部女性器、子宮とつぼ

 

骨盤底筋

左側は前から見た図。
骨盤の中とそけい部がつながってるのわかりますか?

右側下から骨盤を見た図。
肛門や性器のまわりから筋肉は伸びてます。

 

 
肺の下くらいまで伸びて背骨にくっついてる筋肉がありますが、これが縮むと猫背や腰痛の原因にもなります。
なので、その筋肉はぜひともほぐしておきたいので、筋が伸びているそけい部まで緩める必要があります。

豆知識なんですけど、
筋肉って始まりと終わりの部分を緩めるとほぐれやすいです。

中間部だけをほぐしても効率悪いんですよね。

セルフケアで体を触る時なんかは、ちょっとそれを意識するだけでほぐれ方が変わると思います。 
 

骨盤や股関節回りを見てみましょう。

背骨に繋がる筋肉とかの出発点があります。

これらがコリかたまると骨盤の歪み、股関節の痛みに繋がっていきます。

 

 

足の付け根、そけい部周辺の筋肉はこっていて痛みがある方も多いです。

下手にグイグイと触ると筋肉が傷つき余計な痛みに繋がりますので

丁寧にゆっくりとさすったり、緩めの手技でまずほぐしていって、その後、やさしく揉んだり圧したりしていきます。
関節の付け根に筋肉が付着している事が多いので、ぎりぎりのところまで、痛くないように、やさしく、ゆっくりとほぐしています。
デリケートな場所ですので強くできませんから、やわらかくほぐしていくわけです。

大腿前面筋肉

 

骨盤は脚の筋肉がいっぱい生えてますね笑

脚の筋肉(内もも等も)をしっかりほぐすのもその為です。

腰痛、骨盤の歪みに効果的なのもありますし、
三陰経(肝、脾、腎)の部位ですので婦人科系の諸症状や消化器系とかダイエット的な時にも重要ですし、冷え性の方にも大切な場所になります。

 

 

今回、こういう記事を書いたのはあるお客様との会話がきっかけです。

「パン長の施術ってちょっとぎりぎりのところまで来るなぁって、恥ずかしい時もあるんですけど、でも、そのあとのスッキリ感とか気持ちよさが他のお店とぜんぜんちがうからすごいなって思うんです♪」

みたいな会話だったんですけど、
たしかに、言われてみればうちの施術はまあまあ際どいかもしれないなぁと思ったんですよ。
他のお店だと、多分きわどいところまであんまり触らないと思います。

 

まぁ、いろいろトラブル防止って意味で理解できます。
でも、ほら、
せっかく改善したいと思って時間もお金も使って来てくださってるお客様には最大限でお答えしたいなぁって、そんな風にも思うんですよね。
なので、推拿施術の時にも体の面だけじゃなくメンタル面やエネルギー面揉みながら施術したりしている事も含めて、できるだけのことをさせていただけたらなという想いからだったりします。

※画像は、医道の日本社「クリニカルマッサージ」医歯薬出版「経穴マップ」を参考にさせていただきました

 

 

 

 

予約バナー_03

◎パンダ整体院の理念◎

パンダ整体院は中国伝統医学の推拿(すいな)や
シータヒーリング、占いなどのメンタルケアを中心とした施術を通じて
整体師とお客様が信頼関係を築き
定期健診のように来院できる整体院を目指します。

ブログの更新はフェイスブックツイッターなどでチェックしていただけます。

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: 中医学のこと, 推拿・吸玉・かっさ, 美容経絡オイル推拿 タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.