【中医学】春は薬草がタダで手に入る季節です。

こんにちはー
推拿ルーン占いヒーリングのパン長です。

 
突然ですが、
クローバーカラスノエンドウは田園地帯では嫌われ者です。

え?なんでかって?

頼みもしないのにあらゆるところで繁殖しまくって
あたり一面みどり色に多い尽くされてしまうからです。
今までの近代式農業をやっている方たちにとっては「雑草」です。
土の栄養を作物から奪い取ってしまうワルモノです。

(自然界の摂理を理解すると、本当は雑草こそが土のバランスを保つ救世主なんですけどね)

さて、僕たち中医学をやっている人間にとっては雑草こそ宝です。
だって、生薬ですもん。
勝手に生えてくるんですよお薬が。
嬉しいじゃないですか♪

てなもんで、僕のホビット庄(花壇をそう名付けてるだけです、笑)は雑草が生え放題です♪
DSC_5127

DSC_5128

子供たちと食べごろのクローバー、カラスノエンドウ、そしてシャンツァイ(コリアンダー)を摘んでみました。

【クローバー】
体にこもる余分な熱を冷まし
血液をキレイにする。
情緒を安定させる。
ぢの出血やお腹の塊などに効果的。
癲癇にも。

【カラスノエンドウ】
血行を良くする
胃もたれなどに
咳止め
痰きり
利尿効果

【コリアンダー】
汗をかけないタイプの風邪
麻疹などで湿疹が十分に出ないときに透疹させる
 

このように薬草としての働きを持っていますので
旬の時期にちょっとずつ食べていくと
その季節の病気の予防になりますね~

クローバー、カラスノエンドウをさっとゆでて
DSC_5131

コリアンダーを加え、
ドレッシングで和えると一品出来ちゃいます。
DSC_5133

ドレッシングは手作りすると楽しいですよ♪

黒酢
オリーブ油

胡椒
(好みのスパイス数種)
粉チーズ

これを混ぜるだけでカンタンにドレッシングが出来ちゃいますよ~
豆腐の上にのせたり
DSC_5132

あとは焼いたバゲットに乗せてもおいしいでしょう。
白ワインが飲みたくなることうけあいです(笑)

まぁ、なんていうか
「薬膳だ~!」とか堅苦しく考えなくていいと思うんで
その季節に姿を見せる食べれそうな雑草を
適当に食べてみるのは楽しいものなんです。
ぜひ、道草を喰ってみてください。

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: 中医学のこと, 薬膳のはなし タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.