【スピ雑記】愛される事を許すと、その次に出てきたものは。。。

こんにちはー
パン長です。

いとこに赤ちゃんが生まれたので会ってきました
dakko

あかちゃんを抱くの久々でしたけど
やっぱりええですなぁ。

信じきれない思い

さて、久々に親戚と顏を合わせたんですが
なんか、僕が小さいときと変らず、ずっと「無条件に愛してくれているんやなぁ」と感じました。

肉親以外の人から「無条件に愛されているんだなぁ」と感じられるのってあんまりないじゃないですか。
いや、実際にはたくさんあるんでしょうけど
僕にとってはほとんどありません。
ありませんでした。

前にブログに書いたかもしれませんが
僕は
「愛される事を自分に許可していない」という
心理的な思い込み、とらわれがありました。

愛される事を許さない
愛されるには資格が要る
愛されるためには良い子でいないといけない
愛されてもいつかは裏切られる
愛されてもいつか孤独になる

こういうネガティブな思い込みをずっと抱えて生きてきてたので
「愛されているという感覚」がよくわからないし
「愛されていると信じられない」んです。

で、ちょこちょこと自分自身にシータヒーリングしたり
お客さんとのヒーリングセッションのなかで気がつかせていただけたり
すこしずつすこしずつ
思い込みを書き換え
とらわれを手放し
感情を見つけて味わって解消する

こういう事を自己ヒーリングでやっています。

で、今回あらためて親戚に会ったことで
肉親以外から「愛されている・ずっと愛されていた」と実感できたわけですが
その反面
頭では愛されていると理解できているけど
心底そのことを感じているか?信じられているか?

と自問すると…答えはNOです。

やっぱり、不安が残ってるんです。
無償の愛を受け取る事を怖れていたり
受け取ってはいけないとどこかで感じている事に気がつきました。

なので、このテーマでもう一度改めてシータヒーリングしてみたんです。

過去世から続くトラウマ

僕は過去世とかヒーリングの最中に見たりするのですが
自分の過去世で最近よく見るのが千里眼の女です。

その女性はシャーマン的な感じで千里眼を持っているのですが
村の中では隠していました。
あるとき恋仲になった男のために能力を使い透視します。
そのことで男は喜ぶのですが
そのうち女の事が怖くなってきました。

そして、密告します。

その村では巫女的なものは弾圧され排斥される対象だったのです。
女は愛する男に裏切られ
孤独と苦しみの中で
「もう二度と、だれも愛さない。だれにも愛されない。私は愛を知ってはいけない」
と強く強く思いました。

女は呪詛のようなその想いを抱えたまま
村人の前で処刑されました。
愛していた男の手で殺されました。

僕は、この女性だったのですが
過去世のトラウマ体験によって
今の僕の体にもガッツリと「思い込み」がきざまれていたというわけです。

そのほかにもいろんな過去世を見るのですが

どこかの帝だったりしたこともありました。

御簾の中で飼われている孤独な若い帝でした。

だれにも気を許せないし
誰も愛せないし
愛してはいけない
愛されてもいけない
誰とも心を通じてはいけない
誰にもわかって貰えない

さっきのシャーマンのようにやっぱり愛を知らない、愛を許さない
こういう生き方をした人でした。

シータヒーリングでこういう思い込みを書き換えて
知らなかった感情や感覚のスイッチをonにして
そして、コアにあった
感じないように、気づかないようにしていた感情に行き着きました。

隠れていた感情はさみしさでした

僕は過去世からの思い込みによって
愛を知らず、愛されていてもそれを信じられない状態で生まれてきました。
その事を最近シータのセッションを繰り返す中でやっと知ったわけですが
今の僕の心が蓋をしていた感情。
それは「さみしい」という気持ちでした。

思えば、さみしいという感情を切々と感じた事ってありません。
状況としてさみしいとかわかるんです。
でも、それを「痛いほどに感情を味わう」ことはしてこなかったように思います。

さみしいと「感じる」よりも早く「理屈」を用意して
最初からあきらめる

そんな生き方をしてきたんじゃないかと思うんです。
つまり自分自身に言い訳しながら生きているんです。

だから本当はつらいのに
つらいと感じられない。

シータでこの「さみしさ」についてもケアをしました。
十分にさみしさを味わって、さみしかった自分を許して、受け入れて
さみしくて傷ついたことを受け止めて、辛くて痛かった事を思い出して
そして、「理由を用意する事でさみしさを感じないようにしていた」状況をクリアしました。

この一連のワークで
愛されることを許せるようになって、
愛されている事を信じられるようになったなぁ、と思っています。

すると!
オラクルカードなどでも引くものが変ってきました。
今までは

受け取る事や
自分自身の内面を見つめる事
感覚や感性を信じる事
行動する事

こいういうのを良くひいていましたが
今日、こんなのがでました。

DSC_4091
大天使チャミュエル
「あなたの中に愛が存在し、あなたのまわりを愛が取り巻いています。
ですから、わざわざ愛を探しに行かなくても大丈夫です。」

なるほど、愛されている事に気がついても良いんだよ。という事ですね。
そして、ソウルメイトや恋愛に関することも書かれていたのですが
これなんだろう?と思ったのでもう一度シータ。

出た答えは

「愛している人に愛しているときちんと伝える事」

でした。

。。。うう、痛い言葉です。

思えば僕の喉のチャクラが弱いのも
気持ちを伝える事が苦手という意味があるのですが
その最たるものがコレなのかもしれません。

恋愛において「愛してる」とか言った事もないし
そもそも「愛してる」ってなんやねん?
「好き」とかはわかるけど「愛」ってなんじゃろか?

と、そんな感じで恋愛にちょっと距離感っていうか
ドライな感じが無くも無いなぁと自分で思います。

嫁さんにも「愛してる」とか言うたことないしね。

でも気づいちゃったら、もう、行動するしかないですもんね。
なので、ちょっと恥ずかしいですけど「愛してる」と伝える事をはじめてみようと思います。

あー
書いててもハズいな、これ。

こちらの記事も読まれています。

カテゴリー: シータヒーリング, (0)黒パンダ, (2)こころ・潜在意識のこと タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。