【スピ雑記】正しさってどこにあるのかな?

こんにちはー
パン長です。

新月のゼンタングル「月の火 あふれ出す 精」
IMG_20140727_233211

正しさってどこにあるの

世の中には自分の考え方と違う人たちってたくさんいるわけですが
自分と違う考え方だからその人が間違っているか?
といわれたら答えはNOですよね。

人は人
自分は自分

と、みなさん頭では感じている事だと思います。

相手を批判してはいけない
人を裁いてはいけない(ジャッジするべきじゃない)

と考えている方も多いんじゃないかと思います。

「正しさ」や「正義」を求める気持ちってありますよね。
自分の行動は正しくありたいという気持ち。
なぜ、ひとは正しくあろうとするんだろうか?って
今朝考えてたんです。

思うに、みんな不安なんじゃないかなって。

「ただしさ」があれば「安心」できるでしょ?
行動のガイドラインがあるわけだから
そこから外れなければ自分は「正しい」という事になります。

正しいと信じる道を進むのはなぜか。
行動や出来事に意味を求めているから進もうとするんじゃないかなぁと思います。

じつは、意味も理由も後付けでもいいし
なんならそんなものは無くてもいいのかもしれません

rinda
「意味なんてないよ」
(映画「リンダ リンダ リンダ」より)

正しさを求める気持ちが強ければ強いほど
不正をとがめる気持ちも強くなります。

自分の中の正義が大きすぎると
他者に映る不正義もまた大きくなるわけです。

「自分のすることが正しいかどうか」という物差しを手放す事ができれば
世界に意味を求める事も手放せます。
そうすると、思考による縛りがなくなります。

すべての実体は
すべての形は
すべての目に見えるものは

まぼろしなんだと気がつくんじゃないかと思うんです。

意味が頼りにならなくなった
まぼろしの世界で生きる時
体に残るもの

それは「感覚」だと思うんです。

中医学の理論では
すべての感情や感覚は形ある体に宿ります
苦しみも悲しみも
喜びも怒りも
すべては体に宿るものです。

思考から解き放たれて
感覚だけの世界に気づければ
「今」というこの瞬間だけを意識できます

正しさも
まちがいも
すべてまぼろしだと気がつく事ができます

…てな事を
通勤中にぼんやりと考えてました。

特にオチはありません(笑)

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.